種類がある

自分も歳だし、耳が遠くなってきたな、そう感じたら補聴器を使いましょう。一口に補聴器と言っても種類があり、選び方もあります。まずは種類とその価格についてご説明します。まず、耳穴型。耳の穴に収まる小型のものから出っ張る少し大きなものまであります。相場は約7万円からオーダーメイドであれば40万円ほどかかる場合もあります。次に、耳掛け型。耳に掛けて使用しますが、汗に弱い場合もあります。相場は約7万円から30万円ほど。そして、ポケット型。本体は胸ポケットなどに入れ、コードでイヤホンをつないで使用します。長時間使えるますが、有線なので邪魔になる場合もあります。相場は約3万円から8万円ほど。最後に、眼鏡型。眼鏡のつるから補聴器が出ています。相場は眼鏡フレームに依存します。その他、要相談ですが特殊な形での製作もできるので選び方は多種多様です。

補聴器を使うにあたって、まず悩むのが選び方です。それはご自身の聴力から判断しましょう。軽度から中度の難聴であれば耳穴型。この型は軽くて目立たないこと、小さいので眼鏡や電話の邪魔になりません。ただし、小さいために操作しにくい点や出力が小さい点、成長する子供には向かない点に注意が必要です。軽度から高度難聴であればポケット型。手元で操作できることや電池交換が簡単、安価なので出費が抑えられます。注意点は大型である点や有線であるため、衣擦れの音を拾う場合がある点です。軽度から重度難聴であれば耳掛け型。機種選択の幅が広いことや電池交換が簡単なこと、幅広い聴域に対応しています。注意点は汗の影響を受けやすい点、短髪の場合は目立ってしまう点です。どの型も一長一短があるので、少しでも選び方を迷ったらまずはお近くの耳鼻科や眼鏡屋さんに相談しましょう。